スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰霊茶会

    流山献茶 088
                                    流政之氏作『戻りの雲』
各地まだまだ残暑が続いております。
北海道は夕方になると少し、涼しく感じられるようになりましたよ( ^-^)ノ♪

先日函館では裏千家の大宗匠をお迎えして、戦没者慰霊の『平和の祈り』が行われました。

何日も前から親支部の先生方は準備をし、当日は私たちも3時に起きて身支度(着物を
着て)をして大沼に向かいました。
当日のお天気は雨。午前中は100%マークでした。
土砂降りの雨の中、レインコートを着て汗なのか雨なのかわからないほど濡れながらテントを
張る係の方が走り回っています。
私たちも、傘をさしながら外から機材を搬入しお茶会の準備を急ぎます。

降りしきる雨はなかなか止みそうにもないほど、雷までもが鳴り始めました。
駒ケ岳にも雲がかかっています。

9時15分大宗匠がお見えになりしばらく空を眺めています。

と…次第に空が明るくなってきて、駒ケ岳にかかる雲も薄くなってきました。
雨も小ぶりになり、時期に止み始めました。
ビックリです。

せっかく建てたテントですが、それを取り除いて供養をしましょうと、みんなで撤去して
『平和の祈り』が始りました。

冒頭、司会の方が「あんなに降っていた雨が、4年前と同じく大宗匠の来場とともに
去って行きました。」という言葉で始まりました。
そうなんです。4年前にこの場所で慰霊祭をした時も土砂降りの雨が、大宗匠の来場
とともに上がったということがあったのです。
大宗匠は「晴れ男」なんですねぇ~(*^-^)

流山献茶 143a 流山献茶 149

この会場は流政之氏の持ち物で、大宗匠と流政之氏は特攻隊のお戦友で、他のお仲間が
戦地に飛び立って行ってしまいましたが、お二人は行かずに終戦してしまったそうです。
大宗匠は戦争の生き残りとして、平和を願って世界中に体験談をお話しして歩いています。
先日は『徹子の部屋』にも出ていらっしゃったのですよ!

大沼の流山公園に建立された石像『戻りの雲』の前に「第二次世界大戦戦没者之霊位」に
平和を祈り、お茶湯をしてささげます。

    流山献茶 165

この日は七飯町在住で『千の風になって』の日本語の作詞作曲をされた新井満さんも
参列されており、七飯大沼東小学校の生徒さんが千の風になってを合唱してくれました。

流山献茶 194a 流山献茶 197

このあとはお呈茶にいらしゃり、一服です。










ブログランキング  banner2.gif
スポンサーサイト
✿ カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
プロフィール

エリー

Author:エリー

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。