スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコール周辺と街歩き

北極大陸が温暖化して1℃上がると、世界は寒波で1℃下がるんですって。

温暖化温暖化と言っているのは、北極大陸でのこと。
北極大陸の温暖化により、スカンジアビア半島の北のバレンツ海の氷が温暖化に
よって溶けたことが原因のひとつだといいます。

中近東あたりにシベリア低気圧が発生して、日本やヨーロッパが冬将軍の影響を
受けているというのです。

とにかく寒いのはいやですね。


さて、暖かかったカンボジアに行ってみます。

アンコールの遺跡巡りをするには、アンコール遺跡エリアの手前にあるチケットブースで
チケットを購入します。

70.jpg 116.jpg

写真を撮ってもらって、写真入りのチケットをつくります。
1日券・3日券・7日券があるようです。
遺跡内のいたるところでチェックの係員がいて、提示を求められます。

準備ができたらバイクやタクシー、車、ツゥクツゥクをチャーターして遺跡巡りをします。
僧侶もバイクで移動です。

71.jpg

66.jpg

ツゥクツゥクのドライバーはお客さんが、遺跡を巡っている間ハンモックをつって一休みです。
気持ちよさそうなので、そーっとしておきましょう。

73.jpg

『ボパ・アンコール』でカンボジアの代表料理≪アモック≫
シュムリアップの名物料理、アモックは魚の切り身をココナッツで蒸し煮したもの。
クリーム味やカレー味などがあり、タイ米のようなパラパラご飯にかけていただきました。

75.jpg

74.jpg 76.jpg

カンボジア、アンコール周辺の人々の生活ですが…。

ここの国の田舎の家は、ほとんどが高床式の住居で、電気は来ていませんの。
キッチンは家の中にはなく、外にある釜戸で煮炊きをして、外で食事をとります。
日が暮れると寝るということになるようです。

最近では、バッテリーが売られているので、少しは豆電球程度の電灯はあるそうですが…。

79.jpg 80.jpg

81.jpg 82.jpg

77.jpg

現地の子供たちです。

アンコール遺跡の周辺には子供たちがたくさんいました。
親が働くお店についてきている子、観光客が置いて行ったペットボトルを集めて売って
お小遣いを稼いでいる子、アクセサリーや絵葉書を仕入れて売り歩いている子。

98.jpg 108.jpg

104.jpg 102.jpg

107.jpg 109.jpg
 
110.jpg


   この子供は、よく勉強しているのか
   とっても英語が達者で、ヨーロッパ
   からの観光客に、たくさんのアクセ
   サリーを売り歩いているそうです。

   とってもかわいいので、売り上げも
   いいのだそうです。





 



アンコールのお土産は、≪マダムSACHIKO≫のアンコールクッキー。
「カンボジアの人の手による、カンボジアの素材を使ってカンボジアのお土産を作ろう」と
日本人オーナーのマダムサチコ(小島サチコさん)が考案したクッキーはニッポン人向けの
味でカシューナッツの香ばしいクッキーです。

117a.jpg

≪Cafe PukaPuka≫はクッキーのショップに併設したお店。
日本人に人気のお店だそうです。
マンゴーかき氷は、ビックで甘ーい!

93.jpg

シュムリアップでお買い物をするには≪オールドマーケット≫≪ナイトマーケット≫
おすすめ。

雑貨や日用品、工芸品などがところ狭しと置いてあって、目にするものが鮮やかな
色合いなので、ついつい引かれて手に取ってしまいます。

89.jpg 111.jpg

一日中気温差もなくって、歩き続けて汗ダクダク。
こんなに汗をかくって、岩盤浴でもしている感じ。
デトックスしたようです。

久しぶりの海外旅行でしたが、日本とは違った環境と温度差で戸惑いもありましたが、
憧れのアンコールの多くの遺跡を巡り、感動と満足の日々を過ごすことができた休暇でした。







ブログランキング  banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
電気がきていないのですか。
ソーラー発電とかを駆使して勉強する環境を整えてあげたいですね。

マンゴースキ━(*´∀`*)━ !!!

 エリーさん おはようございます。
私のブログにコメント ありがとうございましたm(_ _)m

 北極大陸が温暖化して1℃上がると、世界は寒波で1℃下がるんですかw(゚o゚)w
知りませんでしたぁ(^_^;

 エリーさんは、暖かいカンボジアへ行ってこられたんですね(゚―^d)グッ!
うらやましいです(。・・。)ポッ
 ハンモックのドライバーさん 気持ち良さそう(゚∇^*)dグッ!
アモックは、おいしそう(゚∀^*)dグッ!
子どもたち 可愛いですね(゚◇^*)dグッ!
 マンゴーはお土産にもらったことがあるんですが、現地の物は本当においしいですね( ´∀`ノノ゙☆パチパチ
 私は、エリーさんと ツゥクツゥクに乗りたあい(#ノ▽ノ#)

 ではまた☆

南国の様子・雰囲気がホット!な気持ちにさせられ
子供たちの純な可愛い表情にも癒されるお写真ですね【*^-^*】微笑 

アンコールワットの旅 良かったですねぇ~♪
v【*'-^*】⌒☆ Thanks!!!

こんにちは。

息子に・・
「エリーさん、カンボジアに行ってるんだって」と伝えると、
「え~っ 俺も行きた~い」だって(笑
我家では、今週に国交省の審査が有って
その書類作りに追われ(^^;
ず~っと休み無しでやってきました。
もう暫くしたら、カンボジアの人のように
日が暮れて外が暗くなったら寝る。
そんな生活をしてみよっかな~と。。
ちょっと憧れたりします。
by aki

エリーさんおはようございます。
カンボジアいらしたんですね~
私もずーと前何かの小説を読んでから
「アンコールワット」に夢見ています♪

きれいなお写真と様子見れてすごくうれしかったです。

あかちんさんへ
あかちんさん優しいですね。
アンコール遺跡周辺の田舎は電気はありませんが、
シュムリアップ(ホテルがあるところ)は、ネオンが
きらきらしていますよ。
でも、この辺の子供たちは電気がなくて暗い環境でも
一生懸命勉強しているんですから、えらいです。

コウさんへ
ブログに来てくれてありがとう!
アンコールは暖かくっていいところでしたよ。
まだまだいてもいいと思った。
物価は安いし、マッサージは気持ち良かったし…。
子供たちも可愛いし…。
でも、それは観光だからだよね。
地元の方たちは大変なんだろうなぁって思って見てきました。
ツゥクツゥクにも乗りましたが、アンコール遺跡周辺はジャリ道
だからほこりで大変ですよぉー。
北海道に帰ってきて雪が多くって、寒い事ががっかりでした^_^;

こゆきさんへ
ほぉんと。
子供たち可愛いでしょう。
この子たちの表情を撮りたくって、カメラ向けてたくさんとってきました。
癒される、写真です。
カンボジアへの日本や各国からのボランティアも増えています。
随分住みやすくなっているようです。

kaboさんとakiさんへ
カンボジアは治安も良かったし、見るところもたくさんあるし、
物価も安いので、若者が行って観るにはいい所です。
歴史に興味がなくても面白いかもぉー!
今週が終わったら少し楽になりますね。
なんだかインフルが猛威をふるっていますから、気をつけてください。
一度かかっても違う型のインフルかもしれませんよ。
一日思い切り寝るのもいいかもしれませんね。

lurkママさんへ
こんばんは!
いい旅ができてよかったと思います。
40年来の憧れでしたから…=*^-^*=♪
lurkママさんも思っていましたかぁ~。
最近ではカンボジアも有名になって、ボランティアもたくさん増えまし
たから、ホテルや乗り物も充実していますよ。
lurkママさんの所はヤマト君がいるのでなかなか家を空けられませんね。
一緒にいけるとイイのに…。

ありゃ~海外旅行ですね。カンボジアとは素敵!
温暖な気候も嬉しいし、住民の素朴さも嬉しい。
子供たちが売り歩くアクセサリーいっぱい
売れるといいですよね。アメリカは暖冬なんですよ。日本はヨーロッパは寒いですよね。
どうぞ風邪などひかれませんように♪

エリーさん そちらはまだまだ雪でしょうね。
北極圏が1℃温度が上がると世界は寒波で1℃下がるんですか~
まったく知らず、昨日は地球温暖化と言われているのに、どうしてこんなに寒いのかしら~と話していたところです。
北海道とはまったくちがったカンボジア旅行良い経験をされましたね。
ツゥクツゥクのドライバーさん のんびりとしていますね。
カンボジアは学校に行けない子供たちがたくさんいるとか?どこの国の子供も目が輝いて明るく見えますが、物を売り生活の糧を得る生活を送っていると思うとつらいですね。

みどりさんへ
あぁー。
ほんと、温暖になると気持ちも穏やかになりますね。
なかなか行かれないので、とってもいいところを見てきた感じ。
子供たちが可愛くって…。
なんだろうね、日本の子供とは違うの。
アクセサリー、買ってあげたいけど、次から次と来るので大変ですよ。
アメリカ、今年はあったかなんですね。
まだまだ寒い日本ですよ。

信さんへ
いろいろな説があって、ラナニーニャ現象のせいだとか…。
実は温暖化しているのは北極です。
それによっていろいろな異常気象が起こっているという
説もあります。
とにかく、早く春よこーい!
この時期に暖かいカンボジアに行けてよかったです。
もっと長く滞在していたかったです。
まだまだ貧困かと思われがちですが、各家庭には交通手段の
バイクがあったりして、それなりの生活はできているそうです。
多くの国が、ボランティアとして入っていますし、大きな
子供病院もありました。
素朴ですが、自然がたくさんあってその土地にあった生活が
できているのだと見てきました。
のんびりした良いところでしたよ。
✿ カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
プロフィール

エリー

Author:エリー

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。