スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライガール

2013年の大河ドラマとして始まった『八重の桜』を欠かさず見ています。

実は私、歴史の中で一番苦手なのが“幕末”なんです。
なぜかなぁ~???

『龍馬伝』の時も鎖国を守ろうとする攘夷と言われる人たちと、異国や新しい
世界にあこがれて開国を望む人たちのお話で、やっぱり苦手としていた時代だと
思っていたのですが、出演する俳優さんに誘われるように見入っていました。

今回も、難しくて分からない~と思いながらも見入っていました。

yaenosakura.jpg

それぞれの場面で主役に匹敵する活躍をする登場人物。
一人は八重の兄である「山本覚馬」、そしてもう一人は会津藩主「松平容保」。
まだ、八重の二番目の夫である「新島襄」は登場していないので分からないけど・・・。

会津の武家に生まれて戊辰戦争で銃を構えて戦った勇敢な女性八重さん。
自分の信念を貫いたハンサムな女性として生き抜いた八重さん。

私の中での興味は、そんな八重さんが50歳を過ぎてから始めた茶道。
裏千家でその修業をし、奥伝まで習得していたなんて・・・。

当時茶道は、男性の世界とされていましたから、男勝りな近代女性だったのでしょうね。
江戸、明治、大正、昭和と生き抜いたのですもの・・・。

これからの、八重さんの活躍が楽しみになってきました。




ブログランキング  banner2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
茶道つながりですね。
苦手も楽しくなりますよ。
おちゃも場合によっては苦いですが
おいしいですもんね。

エリーさん そちらは今日も雪ですか~
「八重の桜」私も毎週楽しみに見ています~
昨年の夏、従兄弟たちの住む会津若松を旅するまでは、山本八重さんのことはまったく知りませんでした~
大河ドラマで会津が舞台になるということで、地元は話題になっていました。
幕末、尊王攘夷派、開国派のことはなかなか難しくて私も苦手です~
会津若松城、白虎隊のこと、松平容保の武家屋敷などを見学しこのドラマが少し身近になりましたよ。
登場人物が皆美男、美女打義るようにも思いますが、この1年間ドキドキしながら、歴史の勉強ができますね。

こんにちは。ご無沙汰しております。
大河ドラマは、かなりの町おこしになるので、
あちこちで誘致活動が活発ですよね。
上田に桜を見に行った時も、真田一族を大河に
というアピールがたくさん見かけました。

あかちんさんへ
はい!
お茶繋がりです。
何か、きっかけがないと苦手は克服できませんからね。
お茶も、高価なお茶は甘く感じますよ=*^-^*=♪

信さんへ
3月に入ったというのに、今日は雪が降り、地響きが鳴っています。
そちらは、暖かいと聞いていますが・・・。
大河ドラマは、前々回の龍馬伝で少し土佐や、薩摩、長州といった
人たちの幕末へのかかわりが分かったところでしたが、会津もかか
わっていたのですね。
幕末・・・。
そう考えると、篤姫を見逃していたことが悔やまれます。
美男美女、そんな感じですね。
苦手な幕末ですが、勉強しながら楽しみます。

君平さんへ
お久しぶりです。
誘致合戦、そうでしょうね。
一年間、注目されるのですから・・・。
ドラマは、出来上がりも面白いですが、そんな製作側の
裏舞台も面白そうですね。
さすが、君平さんならではです。

実家で父と暮らしている時は良く見たものですが・・
結婚してから我家では見る事はありません(^^;
akiも好きではないのかな??
男の人って、歴史には結構詳しいですよね。
歴女なんて言われる方々も今ではいますから
女の人も詳しくなっているんでしょうが。。
私は苦手です(笑
でも、大河ドラマを見ることで分かる事も沢山あり
勉強にはなりますね。
見出せば面白いんですがね^^

kaboさんとakiさんへ
お久しぶりです。
ここ数年、大河ドラマ離れが進んでいるようです。
昨年の「平清盛」は17%を切るほどだったとか。
私は学生時代は嫌いだった歴史が今は面白いと思うのですが、
それも好きずきですね。
時代背景によって、見る視点によって面白さも変わりますからね。
✿ カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
プロフィール

エリー

Author:エリー

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。